21歳、イケメン俳優という職業なんて幻。

今日のイケメン俳優


稽古だった。
師匠と二人で亀有で。
僕はいつになっても股関節が硬い。
たまに自分の思ったように、体が使え、拳が出るのだが。
10発やって、1発あるかないかだ。まだまだだ。


師匠に最近なんかあった? と聞かれた。
なんもないすって答えた。
師匠からは、いつかいいことあるよと言われた。


稽古から帰ってたら、バイトの送別会の連絡がきた。
いきなり!?
それで、代々木に向かい参加した。
めっちゃ仲良かった3人が辞めた。
確かにバイトの制度が変わり、しんどくなったが。
みんなで飲んで話した。


こうやって、どんどんみんなと会わなくなっていくんだろうかとか、これからどうなっていくかなあとか。
友がいるから、僕は楽しく生きていけると思う。
一人でいる時間が増えると、なおさらそう思う。
酔ったやつが、片っ端から男にキスしてた。
僕も、男とキスしたのは初めてだった。
みんなノリがいいから、拒むことなく、やられた後に、静かに濡れタオルで口を拭いていた。