21歳、イケメン俳優という職業なんて幻。

今日のイケメン俳優


日記書こうと思ったら、兄からSkypeで連絡が来た。
くだらない話から真面目な話をした。
迷走なんて誰でもしてるんだから、悩んでも一緒やんって言われた。


まさにそれ。
ガツガツ生きたいと思う。


こんど兄が東京に来る。
また色々話したいと思った。
兄とは朝の4時まで話して楽しかった。


朝5時起きで電車で撮影現場に向かった。
僕は出演ではなく、雑誌社の、写真家さんのアシスタントだ。
今日のモデルさんは有名なアイドルさん。みんなが知ってる人。
ものすごいフランクな性格で、可愛い子だった。
みんなに対して明るく接していて、本当に人当たりがよかった。


スタイリストさんとも少し仲良くなれた。
電話番号を交換して、今度飲む時、呼んでくれるみたい。
あざます。


撮影中、僕も成長するためにはどないしよ、と思うっとったけど、よう分からんかった。
いつも通り、一生懸命手伝った。車の運転はアイドルを乗せてることもあり、必死だった。
車の中は、みんな疲れきって寝ていた。


撮影が終わってから、編集長たちとお好み焼きに行った。
そこでの話はおもしろかった。
第一線で働いてる人たちの話を聞いて、僕は人間としての成長を考えて、それに焦るより、少しでも役者として精進した方が絶対いいわ。と思った。
編集長の言葉には救われた気がした。
みんな自信なんてない。
暇になった瞬間、みんな悩むって。
だから働くって。


ほんとそれ。